注目の投稿

【kepler.gl】コロナ対策による人流の変化も地図上に可視化(各種メディアで報道)

kepler.glのサイト画面 kepler.glを使ってコロナ対策の効果を分析したところ、テレビ、新聞、ネットの各メディアから問い合わせや報道依頼が殺到。。この記事では人流変化の可視化に便利なkepler.glについて簡単に紹介します。 ◇kepler.g...

2020年7月29日水曜日

ECサイトの次の一手

ある程度成長したECサイトの次の一手とは?


1.WEBメディアを買収する

それはWEBメディアを買収することです。しかし、WEBメディアなら何でも良いかと言うとそうではありません。自社商品を購入する前段階に訪問するようなメディアである必要があります。

2.データ連携で潜在ユーザや新商品開発の種を発見

例えば、スキンケア商品を販売している場合、肌の悩みに関するブログやサイトが対象となります。こうしたブログやサイトの訪問データとECサイトの購入データを連携させることで、潜在ユーザや新商品開発の種を発見することが可能になります。このような潜在ユーザ獲得や新商品の開発は将来のさらなる成長を実現するための大きな基礎になります。

3.データを独占して誰よりも先に潜在ユーザにアプローチ

また、単純にデータを連携するだけでなく、買収をお勧めするのも理由があります。それは、競合が同様のデータを取得した際に、競争優位性が相対的に低下するためです。もし、データを自社で囲い込みできなければ、競合に先を越されて潜在ユーザを特定・確保されてしまう可能性があります。一方、買収により自社でメディアを保有すれば、データを独占できるだけでなく、面の確保や記事の投稿も自由にできます。

4.データ連携ビジネスでビジネスをスケールさせる

さらに、自社が販売する商品に関係ない記事については、そのデータを他社に販売することでデータ連携ビジネスを新たに展開することもできます。ちなみに、広告は面に限りがあるのでスケールさせるのが難しいですが、データの連携には限度がないため販売先があるほどビジネスをスケールさせることができます。もし、WEBサイトで広告収入だけに頼っているものがあれば、データ連携ビジネスにより数倍に売上を伸ばすことも難しくないと考えられます。現状ではデータを積極的に販売するWEBメディアは多くないですが、今後は間違いなく増えると予想されます。そうなるとメディアの売り上げも上がり評価価値も上がってしまうので、この時期に買収することをお勧めします。

5.今後は技術だけでなく法令を特に注視する

最後に、メディアの訪問データとECサイトの購買データの連携については、改正個人情報保護法により扱いが厳しくなる見通しです。例えば、訪問データと購買データを連携する場合、ECサイトが保有する個人情報と紐づくので、訪問データを取得する際にはユーザに利用目的を明示した上で許諾が必要となります。ただ、これはあくまで法令をディフェンシブに解釈した場合なので、正確にはガイダンスを待つ必要があります。現在、データ連携の主なプレイヤーであるDMP各社が保有するほとんどのデータは、ユーザに対して利用目的を明示して許諾を得たものではありません。そのため、よりディフェンシブな解釈でガイダンスが発表された場合、DMP各社のデータが使えなくなる可能性もあります。そのため、データ連携を進める際は、各データの取得とその利用が法令に反していないか注視することが必要です。

お気軽にご相談下さい

データ連携やECサイト、ゲーム等のグロースについてのご相談はこちらまで。

2020年7月28日火曜日

バーチャルオフィスに届く簡易書留の受け取り方

法人用の銀行口座を開設するために会社の住所で簡易書留を受け取ることなりました。

ただ、会社の住所が簡易書留を受け取らないバーチャルオフィスだったので、困った。。

バーチャルオフィスのスタッフ曰く、郵便局が来る時間帯にオフィスの「外」で待ってくれとのこと。。。(マジか!!!)

いやいや、何時間も外で待つとかありえないので、いろいろ調べたところ「郵便局」で受け取ることができるらしい。

以下、手順です。

  1. バーチャルオフィスに郵便物が届く(不在通知をバーチャルオフィスで保管してもらう)
  2. 不在通知を自宅に送ってもらうかバーチャルオフィスまで取りに行く
  3. 郵便局に電話して再配達を依頼する(自宅近くの郵便局を指定)
  4. 不在通知、印鑑、本人確認書類等を持って郵便局まで郵便物を受け取りに行く

とりあえず、郵便局で受け取れそうなのでよかったです。

会社の売上が上がったら簡易書留を受け取ってくれるバーチャルオフィスに移転したい。。

参考サイト



2020年6月12日金曜日

【BigQuery】int型の数字を日付に変換する

グーグルのサイトを参考
標準 SQL のタイムスタンプ関数のページを参考

ーー以下引用部分ーー

TIMESTAMP_SECONDS
1970-01-01 00:00:00 UTC からの秒数

TIMESTAMP_MILLIS
1970-01-01 00:00:00 UTC からのミリ秒数

TIMESTAMP_MICROS
1970-01-01 00:00:00 UTC からのマイクロ秒数


2020年5月31日日曜日

ドコモに転職する方法

3年くらい前にドコモに転職しました。

ドコモショップじゃなくて本社です。

今は、とあるベンチャーで働きながら、
自分で会社を設立して新しい事業を進めています。

よくいろんな人から、
「ドコモって中途で入れるの?」とか
「どうやって転職したの?」とか聞かれます。

なので回答します。

質問:「ドコモって中途で入れるの?」
答え:yes


ドコモのコーポレートページを見ると、
常に「キャリア採用の募集はありません」
と書かれているので採用自体ないように見えますよね。

でも、実際は人材会社を通じて中途採用をしています。

質問:「どうやってドコモに転職したの?」
答え:人材紹介会社からいきなり電話がかかってきました。


ドコモに入る前に転職を数回していて、
いくつかの人材紹介会社に履歴書などを登録していました。

ただ、当時はゲーム会社からメディアの会社に転職したばかりで活動自体はしていませんでした。

そんなある日、
デューダとう会社の担当者から電話があり、
「ドコモの人が会いたがっている」
と言われました。

そして、ドコモ本社での面接3回とWEBテストを受けて採用に至りました。

WEBテストはSPIみたいなものでおそらくほぼ満点だったと思います。

ちなみに、デューダの担当者とは一度も面談していません(笑)。

時系列としては、
人材会社から電話→担当課長面接→人事課長面接→人事部長面接→WEBテスト
です。

WEBテストは途中でやるように指示されましたが、
現職の仕事の都合で結局最終面接が終わった後で実施した気がします。

面接はスキル面ではなく人物面をみる内容が多かったです。

これは後日知ったのですが、
電話を掛ける前の時点で採用はほぼ決まりだったそうです。

経験やスキルなどが条件を満たしていたこと、
昔、オバマ来日の際に安倍晋三事務所に飛び込み訪問したことなどのエピソードがよかったようです。

以上、転職に至るまでの流れです。

もし、ドコモに転職したい場合は、
  • 大手の人材会社(デューダなど)に登録する
  • 人材会社の担当者にドコモへの転職意向を伝える
という方法があると思います。

僕の場合は人材会社に経歴を登録しただけですが、
明確にドコモへの転職を狙う場合は、
人材会社の担当者に伝えると案件次第で紹介してもらえると思います。

あと、僕はドコモを退職しましたが、
会社自体はあらゆる面で日本トップレベルなのでおすすめです。

今思えば、社内ベンチャー制度も充実しているので、
ドコモで働きながら起業すればよかったと思うくらいです(笑)

では、幸運を祈ります。


2020年5月21日木曜日

【BigQuery】時間と分を抜き出す

タイムスタンプから時間として扱るかたちで時間と分のみを抜き出す方法

--%R=%H:%M 形式の時刻
    FORMAT_TIMESTAMP("%R",TIMESTAMP)

出力結果は、「02:30」というような形で出てくる。
もちろん、時間として扱えるので、

 FORMAT_TIMESTAMP("%R",TIMESTAMP) > ''12:30"

とすれば、12時30分以降のデータを抽出できる。

◇参考サイト





2020年5月16日土曜日

新しいブログをはじめました

みんなの健康日記


という、ブログをはじめました。

2本くらいしか記事を書いてないですが、

仕事と違う領域で調べたり考えたりするといろいろ学びも大きいです。

週に一本くらいのペースでのんびり書いていきます。


2020年5月10日日曜日

【精度対決】セイコー5とオリエントMakoXLで比較したら驚きの結果に




セイコー5とオリエントのMako XLの精度を比較した結果、驚きの結果に


何れも購入して半年内のもので比較しました。

結果、

  • 歩度(RATE)
    • 1日に何秒ずれるか(日差)。クロノメーターの認定基準は-4秒から+6秒以内とされる。
      • SEIKO 5:+8秒~11秒
      • Orient Mako XL:+4秒~9秒【勝利】
      • オリエントの勝利ですがいずれもクロノメーターの基準は満たさず。
  • 振り角(AMPLITUDE)
    • 天輪の触れる角度で適正は270度~320度。大きく振れると進み遅れの誤差が小さくなる。オーバーホール基準は、250度を下回る。
      • SEIKO 5:166度
      • Orient Mako XL:198度【勝利】
      • こちらもオリエントが勝利ですね。ただ、250度以下なのでオーバーホールが必要なレベルです。
  • 片振り(BEATERROR)
    • ヒゲゼンマイが伸縮する左右のタイミングの誤差で0.0msから0.2msが正常値。この数値が異常値だと日差は問題なくても内部に問題がある可能性がある。オーバーホール基準は、0.4msを超える。
      • SEIKO 5:2.5ms
      • Orient Mako XL:0.0ms
      • こちらもオリエントの勝利です。しかも、0.0msなので優秀ですね。一方、SEIKO 5は、オーバーホール推奨の0.4msを大幅に超える2.5msです。

セイコー5が圧勝すると思ったのですが、今回はオリエントの勝利でした。


セイコー5の性能にかなり期待が大きかったので、日差、振り角、片振りのいずれもオリエントが勝利したのが驚きでした。

とは言え、片振りでは大きく差が出たものの、日差と振り角は同じような数値でしたね。

次は、チューダーとオメガなど高級な時計で比較したいと思います。


◇参考リンク