2017年12月9日土曜日

【ユーザ認証基盤】ファーストパーティーのCookieでユーザを識別する

~データ戦略の第一歩はユーザ認証基盤の確立~


GoogleではファーストパーティーのCookieを利用(参考サイトより)

  1. GoogleAnalyticsが、解析用に発行するCookieのオーナーは、Googleサーバではない。
  2. Cookieのオーナーは、GoogleAnalyticsのタグを実装しているWebサイトである。
  3. GoogleAnalyticsのCookieは、Googleサーバとの通信時には、送信されない。

ユーザベースの分析を実現するには

ユーザ認証には、ファーストパーティーのCookieを利用する必要がある。なぜなら、近年、サードパーティーのCookieは様々な理由からブロックされることが増えており、ユーザを一意に識別できないためである(Safariなど)。そこで、GoogleAnalyticsの手法を応用することで、ファーストパーティーのCookieにユーザを識別するIDを付与し、正確にユーザを識別する。ユーザを正確に識別することは、ユーザベースの分析を実現するには不可欠。従って、データ戦略の第一歩は、ユーザ認証基盤の確立にある。


◇参考サイト

◇関連記事



0 件のコメント :

コメントを投稿